もちろん太陽光発電にもデメリットはある

太陽光発電システムを導入することによってのメリットですが、やはり環境に貢献をするということです。
二酸化炭素削減や地球温暖化対策としてかなり有効であり、地球規模の貢献が可能なのです。太陽光発電によって余った電力を、電力会社に買い取ってもらうことが出来ることから上手に使用することで、収益を出すことが出来ます。
発電した電力を目で確認もすることが出来るので、必然的に節電意識も高まってくることでしょう。

 

最近におきましては原子力発電所の停止によって電力不足も深刻となり、ご家庭で使用する電力を確保出来るのはとっても安心です。
システムによっては、災害が発生した時の停電などに蓄電しておいた電力を使えるタイプも販売されていますのでより安心感が強くなっています。
日本という国は非常に小さな島国なのですが、原子力発電所の数は世界でも有数の保持国となっています。
この現状を見直すためにはやはり多くのご家庭で太陽光発電を導入することが最も賢い方法なのです。

脱毛 熊本
http://datumou-chihou.com/kumamoto/



もちろん太陽光発電にもデメリットはあるブログ:18-08-18

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「11時正午が近くなるとウエストが空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
6時AM9時ごろに6時食を食べたら、
ほとんどの場合、ウエストは空いていないと思います。

しかし娘の頃からの生活習慣で
「正午になったら11時食」という風に教え込まれています。

だから、ウエストが空いていないにも関わらず、
正午になったら食事がしたくなるのです。

3:00のおやつもしかりです。

午後一時近くまで食事をしていたのなら、
午後3:00は食事後2時間程度しか経過していません。
2時間程度なら、さほどウエストは空いていないはず…

でも、「3:00の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来はウエストは空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際にはウエストが空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうな回転寿司の看板を見る
・飲み会の後はラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、ウエストが空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

減量をうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。



ホーム サイトマップ