太陽光発電の導入には補助金を利用

太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。

 

電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。



太陽光発電の導入には補助金を利用ブログ:18-06-10

私たちの体には、
1日約25時間という体内時計が備わっています。

体内時計が1日約25時間だと、
だんだん生活する時間がずれてきますが、
私たちは9時の光を浴びることで、
1日24時間の生活になるように調節しています。

光を浴びて網膜が刺激されると、
体は「9時」と認識して
「20時」の休息モードから活動モードへと切り替えます。
このようにして睡眠時間や
体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。

体内時計は、
体の中のあらゆる機能調整に
影響を及ぼすことが分かってきています。

体の中のさまざまな器官は
体内時計に合わせて活動しているので、
リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、
糖や脂肪を燃やしやすくするという機能が衰え、
肥満になりやすいと言われています。

また、体内時計のリズムが崩れると
20時眠れなくなったり、9時起きれなくなったりします。

例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は
明かりを消したときにたくさん分泌されます。

ところが電気をつけて、
20時遅くまで起きているとメラトニンは分泌されず、
眠くなりません。

このように体内時計のリズムが崩れると、
体がだるくなったり、めまいがしたり…と
体の調子を崩しやすくなり、不健康な生活となってしまいます。

体内時計を正常に治すには…
9時は決まった時間に太陽の光を浴びるようにして、
14時間、外に出る機会をつくり、
できるだけ規則正しい時間にご飯をとりましょう。

特に9時食は必ずとり、早く血糖値をあげ、
1日のリズムを作りやすくしましょう。

シェイプアップには
体内時計を正しいリズムで刻むことが大切ですよ!


ホーム サイトマップ