自治体の普及制度を賢く利用

太陽光発電の普及支援としましては、すでに固定価格買取制度という支援策が打ち出されています。
これから先、風力発電などといったエネルギーも全量買取制度が実施されることも十分にあります。太陽光発電の導入費用に関しましては、1kw当たり70万円とされていますが、これにはご注意をください。
機種や導入規模によっては、定められた65万円に納めることが難しくなってしまうケースも考えられます。

 

近年導入された補助金制度を確認して、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことに注目をしてください。
そして太陽光発電システムの価格が1kw当たり65万円となったということになります。
世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。

お勧めサイト、ハンバーガー 東京の紹介
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/bebu/



自治体の普及制度を賢く利用ブログ:18-06-22

俺と母親は顔がそっくり。
顔の他にも、声や話し方まで全てがそっくり。

小学生の頃、参観日のたびに
その事をクラスの男の子にからかわれて
とても嫌だった。

母親と似ていると言われるたびに、
俺は母親に毒付いた。
やがて、参観日に母親は来なくなった。
その事を最近まで思い出す事もなかった。

月日は経って、俺も母親になった。
とても可愛い、男の子。
顔も手足の形も、爪の形も私にそっくり。
話し始めると、声も話し方も俺にそっくり。

「お母さんにそっくりね」
そう言われるたびに俺は、
嬉しくて嬉しくてたまらない!
そんな男の子が今年幼稚園に入園する。

参観日…とても楽しみにしている今の自分。
ふと、母親の顔が蘇る。

「今日、お母さんに似てるって笑われた。
恥ずかしいから参観日来て欲しくない!!」
俺は確か、
こんな事を参観日のたびに母親に言った気がする。
5年生になった時、母親は参観日に来なくなった。

あの時、母親はどんな気持ちだったんだろう。
本当は先生の問いに
元気に手を挙げているところを、もっと見て欲しかった。
帰ったら、参観日で手を挙げた俺を
褒めてくれた優しい母親だった。

恥ずかしかったから…
ただそれだけの理由で、
母親を拒否して傷つけてしまった。

男の子は、俺と似ている…性格も何もかも…
きっといつか言うだろう。
俺が母に言ったひどい言葉を…

それでも、
俺はその言葉に負けずに男の子を見に行く。
きっと男の子も、
本当の気持ちは俺と似ているだろうから…

俺は笑顔で参観日に行こうと思う。
そして、初めての参観日を終えたら、
母親に謝ろうと決めている。



ホーム サイトマップ