太陽光発電の導入には補助金を利用

太陽光発電の導入には補助金を利用


太陽光発電の導入には補助金を利用
太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。

電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。




太陽光発電の導入には補助金を利用ブログ:18-09-16

わたしの母は、
すべてを受容してくれるような人でした。

わたしが小さい頃、庭の草木に触れさせてくれたのも、
料理のお手伝いをさせてくれながら
手作りの智恵を教えてくれたのも母でした。

わたしにとっては、
気持ちの中で拠り所になってくれるような人でしたが、
実家を出て20年も経つと、
ほとんど話をすることもなくなっていました。

自己主張することのない母は、
会うたびにただ微笑んでいて、帰りがけに何か食べ物を持たせてくれ、
いつも「さよなら」と言いました。

今思えば母は、
もう自立してしまった娘に、今さら何をする必要もないだろう…と、
静かにわたしを手放していたのかなぁと感じたりします。
それがまたわたしには有難かったのかもしれません。

でもわたしの心の中では、
何でも受容してしまう母に、
家族みんなで犠牲を強いている申し訳なさを感じていました。

母が治る見込みのない癌にかかっていると知らされても、
当時のわたしは看病をしようとするわけでもなく、
どう接していいのかわからずに戸惑い、
さらには、そんな自分を情けなく感じていました。

母がホスピスに入った時、ちょうどお盆でしたので、
わたしは帰省して、そのホスピスに母を見舞いました。

郊外の大きな病院の最上階にあるホスピスの明るい窓からは、
完成間近の瀬戸大橋が見えました。

「あれが瀬戸大橋やで」などと風景を説明する父親に、
母は「家はどっち?」と聞きました。

普段からあまりにも執着心のない母だったので、
その言葉もさらりと聞き流してしまいましたが、
きっと住み慣れた家や、その周りの音や風景の中に居たかったのでしょう。

ホスピスのような恵まれた環境で最後の時を過ごせたのも、
とても幸せなことだったろうと思いますが…

太陽光発電の導入には補助金を利用

太陽光発電の導入には補助金を利用

★メニュー

アフターケアの優れた業者選び
もちろん太陽光発電にもデメリットはある
セールス販売には注意
初期費用の回収は決して不可能ではない
世界的に注目される太陽光発電
経済的に楽になる太陽光発電
太陽光発電の導入には補助金を利用
設置することで利点が数々生まれる
結果売電により電気代が無料になることも
自治体の普及制度を賢く利用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)原発の時代を終わりにしよう!まずは太陽光発電