自治体の普及制度を賢く利用

自治体の普及制度を賢く利用


自治体の普及制度を賢く利用
太陽光発電の普及支援としましては、すでに固定価格買取制度という支援策が打ち出されています。
これから先、風力発電などといったエネルギーも全量買取制度が実施されることも十分にあります。太陽光発電の導入費用に関しましては、1kw当たり70万円とされていますが、これにはご注意をください。
機種や導入規模によっては、定められた65万円に納めることが難しくなってしまうケースも考えられます。

近年導入された補助金制度を確認して、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことに注目をしてください。
そして太陽光発電システムの価格が1kw当たり65万円となったということになります。
世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。




自治体の普及制度を賢く利用ブログ:18-04-15

前、遅い主人の帰宅を待ちかねて、
お子さん達と3人で夕食のテーブルを囲んでいた時のこと。

8歳になるむすめが、
ちょっと思慮深げに
「天国はどこにあるの?」と言い出した。

学校で宇宙について勉強しているらしく、
太陽系のほかにも同じような惑星がたくさんあって、
宇宙はとてつもなく大きいという事を習ったと話してくれた。

むすめは、このとてつもなく大きい宇宙の何処まで行ったら、
天国にたどり着けるのかと不安を感じたのであろうか?

10歳になろうとする男の子は、
「やっとそういうこと考えるようになったの?」
とでも言っているかのように、
黙って妹の顔を見ていた。

「天国はここだよ」と
地図を見せるわけにもいかない。

そこでミーの方からお子さん達に聞いてみた。
「あなた達は天国に行けるの?」

するとお子さん達から
「いい子だから行けるよ!」
との答えがかえってきた。

ミーはもう少し突っ込んだ質問してみようかな…と思っているうちに、
何故かすぐに話題は
「犬は天国に行けるか?」へと移ってしまった。

そういう話の本を読んだ事があるという。
「じゃあ、うちのジョンも天国に行けるの?時々悪い事するけど…」
と言ってみた。

我が家の犬ジョンは、お世辞にも頭のいい犬とは言えない。
そんな彼でも、人の気を引くために、
やってはいけないと分かっている事をやって、
怒られるという芸を時々するのである。

ミーがこう説明すると、
男の子は「そうそう」とうなずき、
ミーが言わんとしている意味がわかっているかのごとく、
「どうかなぁ~」と答えた。

自治体の普及制度を賢く利用

自治体の普及制度を賢く利用

★メニュー

アフターケアの優れた業者選び
もちろん太陽光発電にもデメリットはある
セールス販売には注意
初期費用の回収は決して不可能ではない
世界的に注目される太陽光発電
経済的に楽になる太陽光発電
太陽光発電の導入には補助金を利用
設置することで利点が数々生まれる
結果売電により電気代が無料になることも
自治体の普及制度を賢く利用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)原発の時代を終わりにしよう!まずは太陽光発電