初期費用の回収は決して不可能ではない

太陽光発電というのは電気代の削減、さらには地球温暖化対策などといった利点だけではありません。
補助金や電力会社への売電制度も存在していますが、システム導入時の費用は非常に高額なものとなるのです。屋根の角度、そして日照時間など、太陽光発電に効果的な設置場所で無ければ、一定の電力を確保するのは難しくなります。
これは見積もりをもらうことである程度把握することが出来ますので、予め調べてみるといいでしょう。

 

太陽光発電を導入した時の補助金などといったお金は後で返ってきますので、導入時はまとまった金額が必要です。
さらに太陽光発電システムには、環境条件も重要であり、日によって発電量も異なってきます。
太陽からの恵みである莫大なエネルギーを利用することによって、電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
全量買取制度も開始された現在、大変オトクな電力事情を実現させることが可能なのです。



初期費用の回収は決して不可能ではないブログ:18-05-23

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
俺は少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、俺は一日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見た俺は
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から家内にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
俺はついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に一日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、一日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムでクチをまぎらわしながら耐えた。

1ヶ月後には一日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

一日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、俺はこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていた俺に、
それは喝を入れてくれた。
ついに俺は2ヶ月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいるムスメ夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

ムスメ夫婦もタバコと縁を切ることができた。


ホーム サイトマップ